ヨンデミータ

読んだ本の感想・記録

『人類最終戦争 「闇の支配者」が仕掛けるオペレーション黙示録』を読んでみた。そういうことが、裏で起こっているのか。驚愕の内容。

新型コロナウイルスの騒ぎ様、最初からちょっとおかしい。

 

毎年インフルエンザで多いときは3000人の死者がでてる。

 

他の病気との比較がされることなく、新型コロナが、「主役」の報道だったから

 

あー、これはどうしても「騒ぎ」にしたい感ありありだった。

 

テレビが報道する内容は、基本的に国民洗脳用と思ってみている、

 

鵜呑みにしない。

 

知り合いの看護婦さんも「あれって、風邪でしょ。なんであんなに騒ぐかな。」とあっさり言っていた。

 

医療関係者は、本当は知っている。でもその声はかき消され、ご用達専門家だけがしゃべる。みんなテレビ見るから、みんなだまされる。

 

白黒テレビが普及した時から。

 

 

裏になにかあるんだろうと思っていたら、もうこんな本が、

 

この時期にでているから驚いた。

 

そしたらやっぱりフェイク・ニュースが多いんだ。

 

時給いくらで俳優を雇って医療崩壊映像も撮影。

 

映画製作そのもの。

 

 

 

アマゾンのレビューには、まだ4人の方しか書いてなかった(この記事更新時)。

 

アマゾンの最初のレビューに、良くまとめられている。

 

 だから、ここには、まとめはかかず、

 

個人的な、金融知識の乏しい一庶民が思ったことを、素直に書こう。

 

 

 

 

【ごめん、最初にタイトルに突っ込み】

 

オペレーションっていうカタカナで書かれても、、イマイチ何のことか分からない。

 

 

 

日本人がタイトルみて、「お!これはすぐに読まなくっちゃ!やばいよ、新型コロナウイルス騒動って、インチキじゃん!オレたち騙されてるぜ!」て思うようなタイトルにしないと、もったいない。

 

このタイトルと表紙だと、立ち読みしにくいし(なんか怖すぎて)。

 

 

一神教じゃなくて、八百万の神をあがめる日本人に、黙示録と言われても、ぴんとこない。

 

 

【専門?用語】

 

フルフォードさんの本を初めて読む人には、

 

タイトルにある「闇の支配者」というのは、解説が必要。

 

「闇の支配者」とは、

 

影で世界中のカネを牛耳っている勢力のこと。

 

JFK暗殺したりとか、911自作自演とか、してる勢力。

 

 

著者は、ハザールマフィアとも呼んでいる。

(というのが現在の自分の理解)

 

 (詳しくは、こちらに歴史から詳しく書かれています↓)

 

 

 【フルフォードさんとは】

 

昔『フォーブス』の元アジア太平洋支局長。自分が制作した特集が、ある圧力でドタキャンにされたことがあるようです。

 

それをドタキャンさせた圧力が、「闇の支配者」と関係があるのかなーと勘ぐってしまう。

 

 CIAとかM16とかに情報源を持っている。

 

お姉さんは、カナダの某大病院の院長さん。なんか怖そう!

 

 

【最初にお断りしておくと】

 

こんなことかくから、何度も暗殺されそうになるんです、フルフォードさんは。

 

だから、フルフォードさんの本を紹介するこのブログも、

 

いつか検閲されて消されるのかな。

 

 このブログが消えたら、「検閲」されたとご理解ください。

 

民間企業が、人類を見張っているというわけさ。

 

 

【印象に残ったこと】

 

①ダイヤモンドプリンセス号は「人体実験だった」

 

ゾーニングしなかったのは、そういう理由。

 

人体実験して分かったことは、、、、

 

新型コロナは全然危険じゃない!

 

だった。

 

重症化率は1%強、致死率0.3%(インフルの0.5%より低い)。

 

で、その人体実験を指揮していた組織についても書いてある。

 

 

 

②だれが拡散したウイルス?

 

武漢で、軍人の国際的な運動会がありました。

 

もちろんアメリカ人もいました。

 

でも何かの病気になっていました。

 

隔離治療のあと元気になりましたが、そのあと武漢でウイルスが蔓延していきました。

 

アメリカが仕掛けた?

 

いやいや、どこの国、じゃなくて、「闇の支配者」勢力が仕掛けたウイスルでした。

 

 

 

②新型コロナ、安全なのになんでイタリアはああなった?

 

中国と仲良しだから。一対一路してるでしょ。

 

「新型コロナはアジア人だけかかっちゃう」ってウソ教えられ、

 

すっかり新型コロナをナメてたイタリア人たち。

 

 

イタリアは新型コロナ以前からすでに医療崩壊

 

そこにどどっと患者がくれば、さらに崩壊。

 

 

 

【今のドタバタでどさくさに、、、】

 

これ↓、自分の理解↓。

 

金融システムが変わる可能性がある。

 

 

 

アメリカは1月末に2度目の不渡りをだした。ごめん、借金かえせませんでした。

 

ウイルス蒔いたのは、上記の勢力だけれど、

 

2月以降の新型コロナの蔓延は、借金返せないアメリカが演出しはじめた、

 

と、途中で変わったらしい。

 

 

 

借金かえせないような、あんたんところに品物売るわけにはいかんのさ。ということで、輸入品が中国からこなくなる。

 

アメリカの港に、コンテナがほとんどないのは、そういうこと。

 

借金返せなかったなんてバレたら大変。

 

もう、中国のせいにしたれ!

 

中国経済が止まったから、アメリカに物がこなくなったんだよ!

 

お前んとこの経済が破綻したからその影響を受けちまってんだよ、うちは!

 

しかし中国は静かに言う「あの国の息の根(闇の支配者)を止めるため、人モノカネ、すべて、止めているんですよ。」と。

 

もう、だれも邪魔する者はいない。「闇の支配者」たちは、「裏切られた」から(はい、さすがに「悪魔」みたいな人間たちに、ついていけない人たちが出てきました)

 

息の根を止めた後の、新しい金融システムについて、話し合いが進んでいる。

 

 

 

バチカンマルタ騎士団

 

日本人には、ピンとこないな。バチカンって。白い帽子をかぶってる教皇がいるところ。

 

さらにそのバチカンがもってるマルタ騎士団なんていわれても、さっぱり分からない。

 

でも読んだら分かった。

 

で、いま、このマルタ騎士団が、舞台裏で活躍している。

 

欧米とアジアを仲直りさせて、新しい金融システムに移行できるように

 

話し合いが続いている。

 

 

今までは、悪魔が支配してきた金融システムが、悪魔の手から離れるときが、

 

来るのだろうか。

 

今、世界の裏で起こっている話し合いで、調停役として、マルタ騎士団が活躍している。

 

 

 

ところで、騎士団といえば、この人。

 

このブログでもその著作を紹介している、苫米地英人博士。

 

博士は、サヴォイア王家諸騎士団日本代表、聖マウリツィオ・ラザロ騎士団大十字騎士。

 

ドクター苫米地も、世界を変えるこの話し合いに参加されているであろうと、勝手に想像している。

 

マルタ騎士団は、もろもろの騎士団との間をとりもつ調停役)

 

騎士団について書かれてあるのは、苫米地博士のどの本だったかな。。。

 

 

苫米地博士曰く、

 

「日本は内需の国。日本人同士で売買して商売成り立っている。

その、国内で動いてるお金500兆円は、消えてないからね。

今は、そのお金があまり動いてないだけ。

余裕のある人は、人のためにどんどんお金を使いましょう!

おれも、100万くらいの買い物するつもりでいたけど、

外出できねーから、買えないけど...。」って、youtube でおっしゃっていました。