ヨンデミータ

読んだ本の感想・記録

夫への不満、ブスで自信がない、子供に勉強させるには…「すごい私になれる魔法の名言」(苫米地英人著)を読んでみた。

2015年6月出版。主婦と生活社出版。

すごい私になれる魔法の名言

すごい私になれる魔法の名言

 

苫米地英人博士にしてはめずらしく、女性向け・母親向けの本。

 

 「こんなに頑張っているのに、夫が私に、子育てのこととか、家事のこととかに、くちうるさく文句をいってきて、頭にくる」といった女性の不満に対する博士の答えを読み、

「だよな!そーだよな!」と自分はすごい納得し、自信を持てた

 

 

本の構成は、

第一章 今すぐ自分は変えられる

幸せも不幸も脳が作り出した幻想

過去は、誰にでも簡単に書き換えられる

…などなど。

 

第二章 不安はこうすれば取り除ける

恐怖をあおられると脳は簡単に騙される

ブスはやめられる

物忘れには、理由があるのです

…などなど

 

あ、そうそう!

 

この「物忘れには、理由があるのです」のところを読んだら、

 

スマホどこ?

めがねどこ?

時計どこ?

あのプリントどこにしまった?

 

などをなくす方法が書いてあった。すぐ実行しよう。

これが今回の本の一番の収穫かもよ~~^^;!?

だって、苫米地博士の他の本で読んだことない。初めて書いてあった。

 

そ・れ・に…

 

週に何回かは、もの探しをして時間を無駄にしてる自分だから!

 

ハイ、続き。

 

第三章 その盲信をやめれば幸せになれる

 

いい学校、いい会社なんて、この世にありません

日本にカジノができたら、子どもに働く意義を教えることができなくなります

SNSは、自分独自のローカルルールを表明すれば、余計なトラブルを回避できる

…などなど。

 

ここで一番、お!って思ったのは、

 

エアコン消すより、テレビ消したほうが省エネになるってこと^^;。

主婦の心をわしづかみ。

 

それと、

 

子どもに「勉強しなさい!」っていうより、ずっと効果的な言い方が書いてあって(P132)…、

 

へえ、、、、それでいいんだ?そんな風にいうんだ?と、かなーり意外だった。

この台詞は、苫米地博士の本では、始めて見た!

 

なんで子どもにそのような言い方をして勉強することを促すかというと、

 

やっぱりね、

 

知識がないとお金を生むことができないようになってるからだって。

 

知識を増やすことは、ずごーく大事だって書いてある。

 

知識が集約される

IQがあがる

新しい稼ぎ方を自分で想像することが出来る

問題解決力も上がる

お金を生み出すことになる。

 

 

あとは、でた!やっぱりカジノの危険性

 

 「すごい私…」を出版する7ヶ月前にでた本↓。でも2016年12月にカジノ法案成立して、苫米地英人博士、めちゃめちゃ怒ってたね。日本の民主主義はもう終わりです、と言ってた。

カジノは日本を救うのか?

カジノは日本を救うのか?

 

  (アマゾンご利用の方は、こちらからご購入いただけます。)

 

 

 今までどんなお悩み解決本を読んでも、解決できてない方、ご一読おススメします。

 

苫米地英人博士は、「私の本は、3回は最低読んでください。」といってます。

 

「我が家には、自分で書いた本が色んなところに置いてあり、自分でも読んでいる。」

「トイレでも本を読むが、いいこと書いてある本だな!って思ったら、なんだ、自分で書いた本じゃないか!」と、youtube でおっしゃってましたー。

この本よんで、IQを少しでもあげて、子どもも勉強するようになって、夫に何言われても平気になって、女性諸君、幸せになろう。

すごい私になれる魔法の名言

すごい私になれる魔法の名言

 

 (アマゾンご利用の方は、こちらからご購入いただけます↑。)

 

 

 

私は毎日、この「新・夢が勝手にかなう手帳」に書き込んでいます。楽しいから続く。早くはじめるにこしたことはない。使い方はこの手帳に書いてあります。

  (アマゾンご利用の方は、こちらからご購入いただけます↑。)

こちらは、この手帳に関する記事をかいたブログです↓。

bluedaisyday.hateblo.jp

 

 多読の方は、こちらの↓Kindle Paperwhite で、

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi  32GB

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB

 

 

この会員になって読むと、

 

月980円で、読み放題で、ものすごくお得です。

 

図書館の予約を何年も待ったり、毎月多額のお金を本につぎ込まなくて済みます。