ヨンデミータ

読んだ本の感想・記録

苫米地英人の本

ドクター苫米地の「2020年度版 新・夢が勝手にかなう手帳」を今日4月1日から使い始め。ダイアスポラ?何が君の幸せ?本当は何がしたいの?現状不満だらけ?金持ちになりたい?

2020年度版 新・夢が勝手に叶う手帳を使い始めました↓。 苫米地英人 新・夢が勝手にかなう手帳2020年度版(2020年4月〜2021年3月に対応) 作者:苫米地 英人 発売日: 2020/03/20 メディア: Diary 今のままでずっと生きていきますか? それとも、 これ、使っ…

「明治維新という名の秘密結社」(苫米地英人著)を読んでみた。若者にも、社会人にも読んでほしい。日本の本当の歴史。

秘密結社 という言葉に惹かれて読んでみた。 明治維新という名の秘密結社 作者:苫米地 英人 出版社/メーカー: ビジネス社 発売日: 2018/04/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) めっちゃくちゃ面白かった。 kindleだと、こちら↓。 明治維新という名の洗脳 …

「現代洗脳のカラクリ」苫米地英人著 を読んでみた感想。仮想通貨、パナマ文書、ビットコイン、オウム、ロックフェラー家、三菱UFJ、日銀、、、のカラクリ てんこ盛り

2017年2月出版。 現代洗脳のカラクリ ~洗脳社会からの覚醒と新洗脳技術の応用 作者:苫米地 英人 出版社/メーカー: ビジネス社 発売日: 2017/02/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) オリンピックについて 皆さん、東京オリンピック、楽しみ?アタクシ…

「日本人だけが知らない戦争論」(苫米地英人著)を読んでみた。戦争の歴史はすべて嘘。世界の真相が分かる。

2015年4月出版。 日本人だけが知らない戦争論 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売日: 2015/04/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る いきなり、数百年も前の話にさかのぼる。 何百年も前に、クロなんとかか…

「本当に頭がよくなる速読脳の作り方」(苫米地英人著)を読んでみた。読書量は年収に正比例。すぐに使える速読のコツ。私ですら早く読める気がする。

2010年 9月出版。 ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫) 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2010/09/02 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 50回 この商品を含むブログ (16件) を見る (アマゾンご利用の方は、こちら↑…

夫への不満、ブスで自信がない、子供に勉強させるには…「すごい私になれる魔法の名言」(苫米地英人著)を読んでみた。

2015年6月出版。主婦と生活社出版。 すごい私になれる魔法の名言 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: 主婦と生活社 発売日: 2015/06/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 苫米地英人博士にしてはめずらしく、女性向け・母親向けの本。 「…

夢をかなえたい人は読んでみよう。「夢が勝手にかなう脳」苫米地英人著、を読んでみた。

2009年11月出版。 オウム信者の脱洗脳で知られる苫米地英人博士の本。200冊以上、書いてるから、どの本には、何が書いてあるか、記録している。 夢が勝手にかなう脳 (講談社BIZ) 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/11/05 メデ…

30年後、貧富差拡大、寿命は120歳。数々の今の特許が切れるとき。「2050年衝撃の未来予想」(苫米地英人著)を読んでみた。

2017年2月出版。 まさに「衝撃」です。 2050年 衝撃の未来予想 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: TAC出版 発売日: 2017/02/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る この本によると、 自動運転車って、もう1980年代から…

夢をかなえたいなら、この手帳を使おう。「新・夢が勝手にかなう手帳 2019」 今年も、ベッチーシールがついていて、しかもかわいい!

2017年から使っています。 これは↓、2019年度版です。 苫米地英人 新・夢が勝手にかなう手帳2019年度版(4月スタート) 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: サイゾー 発売日: 2019/03/24 メディア: Diary この商品を含むブログを見る あー、面倒くさそう!…

苫米地英人著「税金洗脳が解ければあなたは必ず成功する!」を読んでみた。税金、びっくりするような使われ方だった。

2013年出版。 税金洗脳が解ければ、あなたは必ず成功する 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: サイゾー 発売日: 2013/04/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る まじか~。 苫米地博士の本を読むといつもそう。 まじか~。 うちら、だ…