ヨンデミータ

読んだ本の感想・記録

戦争・明治維新

「国家のシロアリ」福場ひとみ著  復興予算を省庁、官僚、横取り合戦。国会議事堂のステンドグラス1億2千万、金融庁職員の基本給5,205万、霞が関合同庁舎4号館改修費 12億円

シロアリ以下ですね。 国家のシロアリ: 復興予算流用の真相 作者:福場 ひとみ 発売日: 2013/12/12 メディア: 単行本 そうなんです。 ご存知でしたか? 復興予算を自分達のために使ってたこと。 日本の省庁、官僚は、こういうことをするのが当たり前のようで…

「写真版 東京大空襲の記録(新潮文庫)」早乙女 勝元著を、読んでみたい。ナパーム弾をご存じか。

まだ読んでいません。 どの戦争にも、いつも同じ黒幕がいることを知ってから、 戦争について知りたいと思うようになった。 苫米地英人博士がMXテレビで話していたことが忘れられない。 博士は、怒りと悲しみに満ちた表情で話していた。 それは、 「ナパーム…

「明治維新という名の秘密結社」(苫米地英人著)を読んでみた。若者にも、社会人にも読んでほしい。日本の本当の歴史。

秘密結社 という言葉に惹かれて読んでみた。 明治維新という名の秘密結社 作者:苫米地 英人 出版社/メーカー: ビジネス社 発売日: 2018/04/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) めっちゃくちゃ面白かった。 kindleだと、こちら↓。 明治維新という名の洗脳 …